ごぼうと豚ひき肉の揚げだんご

ごぼうと豚ひき肉の揚げだんご

ごぼうの歯触りが残る肉だんごです。からし醤油やマヨネーズ、ケチャップなどを組み合わせて、お好みでつけると風味が変化して、おいしくいただけます。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 肉類 野菜類

材料

■ 2人分 | エネルギー:348Kcal | 食塩相当量:1.2g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
ごぼう 1本(200g)
豚ひき肉 400g
長ねぎ 10g
しょうが 1かけ
小さじ1弱
1個
大さじ1
素材力 合わせだし 1本
片栗粉 大さじ2
揚げ油
青梗菜 4株
サラダ油 大さじ1
小さじ1/2
(お好みでからし醤油やマヨネーズ、ケチャップなどを添えて下さい)

作り方

■ 調理時間:30分
① ごぼうは、皮をこそげ取り、粗みじん切りにし、ザル等に入れ酢水(分量外)にさらす。
長ねぎ、しょうがは、みじん切りにする。
② ボールにひき肉と水気をきった長ねぎ、ごぼうとしょうが、塩、溶き卵、酒、合わせだし、
片栗粉を入れ、空気を入れるようにねっとりとするまで混ぜ合わせる。
③ 揚げ油を170℃に熱し、③を片手で絞り出し、もう一方の手にスプーンを持って、一口大に
すくい取り、油の中に落とす。表面が固まって少し色づいたら、底から上下を返すように
大きく混ぜ、全体がきつね色になるまで揚げる。
④ 皿に盛り、青梗菜の塩炒めを添える。


和風にあんかけにしたり、酢豚風に甘酢あんかけにしたりと、色々応用ができます。
ごぼうには長根種と短根種があります。代表的な長根種は東京の滝野川が発祥で直径3センチ前後、長さ1メートル以上になり、現在では広く栽培されています。ごぼうを食用としている国は、日本以外にはあまりありません。日本特有の食材であるごぼうの素朴な香りと歯ごたえを是非味わってください。「噛む力」を育てることは、食育においてとても大切です。




PAGE TOP