ぶりと大根粕煮

ぶりと大根粕煮


四ツ谷荒木町の名店“鈴なり”店主・村田明彦 直伝


■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 魚介類 野菜類 おかず その他
おつまみ

材料

■ 2人分
素材力だし[いりこだし] 1.5本
ブリ(切身/3等分に切る) 400g
大根(2cm厚輪切り8個) 1/2本
ごぼう(乱切り) 150g(1本程度)
人参(乱切り) 100g(1本程度)
油揚げ(細切り) 1枚
1000ml
酒粕(分量外の水に浸し柔らかくする) 120g
[A]しょうゆ 大さじ2
[A]塩 小さじ1
[A]みりん 大さじ1
[A]砂糖 大さじ1
薄力粉 適量
サラダ油 適量

作り方

■ 調理時間:40分
①深めのフライパンにサラダ油を入れ、うすく薄力粉をまぶした
 ブリと大根を焼き色がつくまで焼く。
②焼いたブリを取り出し、ごぼう、人参を加え、さっと焼く。
③水、油揚げ、素材力だし[いりこだし]を加え、具材に火を
 通し、Aを加える。
④仕上げに酒粕を③のだしでといて加える。


【だし使いのポイント】
大根を煮る際にちょっと気になる大根臭ささを、いりこだしの風味で飛ばします。

【村田氏からのアドバイス】
酒粕は仕上げに加えて、風味が飛びすぎないようにしましょう。
酒粕は溶けずに鍋の底に残りやすいので、しっかり柔らかくしておくのがポイント。




PAGE TOP