牛タンシチュー

牛タンシチュー

牛タンはじっくりと煮込むことで軟らかくなり、うま味が出てきます。鶏がらスープを加えることで、さらにコクが増します。時間的余裕のある休日や、お客様をお迎えする時にいかがでしょうか。トマトピューレの代わりに完熟トマトの使用も可能です。酸味が気になる時には、砂糖を少々加えてみて下さい。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 肉類 野菜類 世界の料理
おつまみ

材料

■ 2人分 | エネルギー:377kcal | 食塩相当量:2.8g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
牛タン(塊、2㎝厚位に切る) 150g
塩・こしょう・小麦粉 各適量
たまねぎ(くし型切り) 1/2個(100g)
にんじん(輪切り) 1/4本(40g)
セロリー(筋を取り拍子木切り) 1/2本(50g)
にんにく(みじん切り) 1/2かけ(5g)
バター 10g
パセリ 少々
素材力だし[鶏だし] 2本
3.5カップ
[A]トマトピューレ 200g
[A]赤ワイン 大さじ2
[A]塩 小さじ2/3
[A]ウスターソース 大さじ1
ローリエ 1枚
小麦粉・バター 各5g

作り方

■ 調理時間:100分
①牛タンは塩・こしょうをし、小麦粉をまぶす。野菜を切る。
②鍋にバターを入れてにんにくを加えて炒め、①の牛タンを
 加えて炒める。
③に湯と鶏がらスープを加えあくを取り、[A]を加えて弱火で
 1時間位煮込む。
④③にたまねぎ、にんじん、セロリー、ローリエを加えて30分位
 さらに煮込む。
⑤小麦粉とバターを良く混ぜ合わせ、④に溶き入れる。
⑥とろみがついたら、器に盛り付け、パセリのみじん切りを飾る。

牛タンは、のどに近い根元の部分はやわらかく舌先はかためで筋っぽいです。筋線維が多いことから肉質は硬いのですが、脂肪も多いため、独特のコクや旨味があります。煮込むとやわらかくなるので牛タンシチューにするとおいしく食べやすいです。また、牛タンは焼肉や味噌漬けなどにも向いています。




PAGE TOP