牡蠣の佃煮と春菊のソテー

牡蠣の佃煮と春菊のソテー

佃煮は、牡蠣が安価にたくさん手に入った時に作り置きしておくと、牡蠣ご飯や汁物などに利用できて便利です。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 魚介類 野菜類
お弁当おつまみ

材料

■ 2人分 | エネルギー:101kcal | 食塩相当量:2.7g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
牡蠣 100g
生姜 1/2かけ
1/4カップ
素材力 こんぶだし 1/2本
しょうゆ 大さじ1
春菊 100g
素材力 合わせだし 1/4本
少々
こしょう 少々
ごま油 小さじ1

作り方

■ 調理時間:15分
①牡蠣をザルに入れて、ボールに入れた塩水(分量外)の中で、
 手早く振り洗いする。
②生姜は千切りにする。
③鍋に酒と素材力こんぶだし、しょうゆ、生姜を入れて沸騰させ、
 牡蠣を加える。
④再沸騰したら火を弱め、時々牡蠣混ぜながら、牡蠣がぷくっと
 するまで加熱する。
⑤火を止めて、しばらく煮汁に浸して味を含める。
⑥春菊は3cm位の長さに切り、ごま油でさっと炒め、素材力合わせ
 だし、塩、こしょうで味を調え、牡蠣の佃煮とサッと炒め合わせる。

牡蠣にはグリコーゲンという炭水化物が他の動物性食品と比べると豊富に含まれています。グリコーゲンは体内で筋肉や脳のエネルギーとして利用されます。また、グルタミン酸、グリシン、アラニンなどのアミノ酸によって味わいが他の貝類とは異なっています。コレステロール値を下げるといわれるタウリンも含まれています。




PAGE TOP