大根の卵みそ雑炊

大根の卵みそ雑炊

寒い日の温かい雑炊は、身体をぽかぽかと温めてくれます。
にらはスタミナ野菜、大根には消化酵素アミラーゼが含まれているので消化を助けてくれます。
身体にやさしく、だしを効かせた減塩の雑炊です。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
ごはん類 雑炊・お粥など 野菜類 簡単・時短

材料

■ 2人分 | エネルギー:366Kcal | 食塩相当量:1.4g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
ご飯 茶碗1杯分
大根 50g
にら 2本(15g位)
1個
1.5カップ
本かつおだし 1/2本
みそ 小さじ1.5

作り方

■ 調理時間:15分
① 大根はせん切りにし、にらは細かくきざむ。
② ご飯はザルに入れて、水洗いして粘りを落とす。
③ 鍋に水と本かつおだしを入れて煮立て、大根を加えて加熱する。大根に火が通ったら、ご飯を加えてひと煮立ちさせ、にらを加えてみそを溶き入れ、ひと煮立ちしたら火を弱めて溶き卵を流し入れ、半熟状に固まったら器に盛る。

にらは、ビタミンA、B2、E、カリウムなどを豊富に含む野菜です。特有の匂いがありますが、ゆでると匂いがやわらぐため、雑炊にするとおいしく召し上がれます。また、定番のすまし汁やレバにら炒めにすると身体が温まります。にらは鮮度が落ちやすいので早めに利用してください。




PAGE TOP