きのこと秋刀魚の煮物

きのこと秋刀魚の煮物
■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 魚介類 野菜類 きのこ類

材料

■ 2人分 | エネルギー:239Kcal | 食塩相当量:1.8g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
さんま 1尾
しょうが汁 小さじ1/2
しめじ 1/2パック(100g)
まいたけ 1パック(100g)
れんこん 小1節
大根 1/4本
万能ねぎ 5本
サラダ油 大さじ1
1/2カップ
こんぶだし 1本
大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1/2

作り方

■ 調理時間:30分
① さんまは、頭を落として内蔵を抜く。腹の中を水でよく洗い、水気をキッチンペーパー等でよく拭き取る。3~4等分の筒切りにし、しょうが汁で下味をつける。
② しめじは石づきを取り除き、小房に分ける。まいたけも適当な大きさに分ける。れんこんは半月切りにして、酢水(分量外)に浸ける。大根はおろして水気を切り、万能ねぎは小口切りにする。
③ フラパンに油を熱し、①のさんまの両面を焼く。さんまを皿に取り出し、フライパンに残った油をキッチンペーパーなどで拭き取る。
④ ③のフライパンに、水・こんぶだし・調味料を加えて煮立て、水気を切ったれんこんを加えて煮る。続けてまいたけ・しめじを加えて火が通ったら、③のさんまを加えてさっと煮る。器に盛り付け、万能ねぎを散らし、大根おろしを添える。


さんまは、しょうが汁で下味をつけ、臭みを取ります。また、通常下味に塩などの塩分を使用しますが、削除して減塩してあります。また、荷崩れ防止のために、あらかじめフライパンで焼きますが、香ばしさも加わえることができます。
秋が旬の秋刀魚を使った料理です。秋刀魚の脂質量は季節によって大きく変わります。旬の時期では20%を超え、それをすぎると数{53d88ecca3ce06cbcd3835188bb216c9d85d7c3693005ae5a7de0983bb184f49}まで減少します。旬にあたる秋では、たんぱく質より脂質の量が上回ります。さんまを食べると、DHAやEPAといった多価不飽和脂肪酸が摂取できます。DHAは脂質異常症、EPAは脳卒中や心臓病等を予防することが知られています。




PAGE TOP