えびとにらのかき揚げこんぶ塩

えびとにらのかき揚げこんぶ塩

3~4月が旬のにらをたっぷりと使ったかき揚げです。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 魚介類 野菜類

材料

■ 2人分 | エネルギー:280Kcal | 食塩相当量:1.7g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
むきえび 200g
にら 1束
少々
少々
小麦粉 1カップ
1個
冷水 150cc
揚げ油 適量
こんぶだし 1/2本
小さじ1/3

作り方

■ 調理時間:30分
① むきえびの背わたを取り除き、酒・塩をふって下味をつける。
② にらの根元を少し切り落とし、2cm長さ位に切る。
③ 揚げ油を170℃位に加熱する。
④ 卵を溶きほぐし、冷水を加えて混ぜ、ふるった小麦粉をさっくりと混ぜ合わせて衣を作り、
えびとにらをさっと混ぜ合わせる。
⑤ ③の揚げ油で揚げる。
⑥ こんぶだしをスプーンの背で細かくつぶし、塩と混ぜ合わせ、⑤に添える。


その他には、春菊も意外と苦味が減っていろどりも良く仕上がります。こんぶ塩は揚げ物だけでなく、食卓に置いてちょっとひと味!いろいろ使うことができます。天ぷらの衣は粘らせないために、揚げる直前に作りましょう。混ぜ過ぎないこともさっくりと仕上げるコツです。
葉にらは、β-カロテンを3,500μg/100gも含んでいる緑黄色野菜です。かき揚げなどのように油で調理をすると吸収率がアップして効果的に摂取できます。独特の香りは、アリシンという成分で、ビタミンB1の吸収を助け、糖の代謝をスムーズにします。すまし汁に入れると、香りや特有の風味を楽しめます。




PAGE TOP