冷やし中華

のせる具材は色合いを考えてお好みでどうぞ。
昔からの冷やし中華は、全体の形は富士山、のせる具材はハム
(ピンク色)で春、きゅうり(緑色)で夏、錦糸卵(黄色)で秋、もやし
(白色)で冬とし、富士山の四季を表したとか・・・

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
肉類 野菜類 麺と鍋物 冷たい麺類

材料

■ 2人分 | エネルギー:530kcal | 食塩相当量:4.7g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
中華麺 4玉
ごま油 少々
[A]鶏胸肉 2枚
[A]塩 少々
[A]こしょう 少々
[A]酒 大さじ2
きゅうり 2本
もやし 100g
トマト 大1個
[B]しいたけ・こんぶ合わせだし 1本
[B]水 1.5カップ
[B]砂糖 大さじ5
[B]しょうゆ 大さじ6
[B]酢 大さじ6
[B]溶きからし 小さじ1
[B]ごま油 大さじ1

作り方

■ 調理時間:40分
①中華麺をたっぷりの湯で硬めに茹で、冷水に取ってよくもみ洗いし水気を良くきって、ごま油をまぶしつける。
②鶏肉に塩・こしょうで下味をつけ、耐熱容器に入れ酒をふりかけてラップをして電子レンジで加熱する。冷めてから手で細かく裂く。
③きゅうりはせん切り、もやしはさっと茹でるか電子レンジで加熱する。トマトは薄く横に半月切りにする。
④水・だし・砂糖・しょうゆを鍋でひと煮立ちさせ、冷まして酢・溶きからし・ごま油を加える。
⑤器に麺を盛り、きゅうり・もやし・トマト・鶏肉をのせ、④のたれをかける。




PAGE TOP