小骨が食べられるさんまの梅煮

小骨が食べられるさんまの梅煮

梅干しを加えることで、さんまの臭みが消され、やわらかく煮あがります。いわし、あじなどの魚でもOKです。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
おかず 魚介類 野菜類

材料

■ 2人分 | エネルギー:391kcal | 食塩相当量:2.5g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
さんま 2尾
梅干し 2個
しょうが 1かけ
[A]しょうゆ 大さじ1弱
[A]みりん 大さじ2
[A]素材力 こんぶだし 1/2本
[A]水 1カップ
飾り用
 しょうが 1/2かけ
 大葉 2枚

作り方

■ 調理時間:30分
①さんまは、頭を落として内臓を取り除き、よく水で洗い水気をしっかりと
 キッチンペーパー等でふき取る。3~4切れに筒切りにする。
②1かけ分のしょうがは薄切りにし、飾り用のしょうがは細かいせん切りに
 して、さっと水にさらし針しょうがにする。大葉はせん切りにする。
③[A]と素材力こんぶだし・水・しょうがの薄切りを鍋に入れて煮立て、
 かるくつぶした梅干しとさんまを加える。再び煮立ったら落し蓋をし火を
 弱めて25分位加熱する。
④皿に盛り付け、大葉と針しょうがを飾る。

さんまは代表的な「青背魚」で生活習慣病を予防すると注目されている不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。DHAには、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあり、IPAには血液を固まりにくくして脳卒中や心臓病を予防するといわれています。梅煮にすると魚の臭みがなくなり、さっぱりとした味わいになります。




PAGE TOP