柴蒸し

柴蒸し

蒸し魚にちょっとひと手間かけて、おしゃれでお祝い料理にもなる一品です。白身魚ならどんな魚でもOKです。大人数分を作る時は、大皿にまとめて蒸すと、同時に温かく提供することができます。

■ このレシピについて
レシピカテゴリ
レシピテーマ
材料キーワード
魚介類 野菜類

材料

■ 2人分 | エネルギー:175kcal | 食塩相当量:2.0g ※エネルギー・塩分量は1人分の値です。
鯛の切り身 2切れ
[下味用]塩 小さじ1/4
[下味用]酒 小さじ1
しいたけ 小1枚
たけのこ 10g
[A]砂糖 小さじ1/5
[A]しょうゆ 小さじ1/3
[A]本かつおだし 1/8本
[A]水 大さじ1
にんじん 10g
[B]みりん 小さじ1弱
[B]塩 小さじ1/10
[B]本かつおだし 1/8本
[B]水 大さじ1
みつば 8g
卵白 卵1個分
[卵白用]塩 少々
銀あん
・本かつおだし 1/4本
・水 80cc
・塩 小さじ1/10
・みりん 小さじ1
・しょうゆ 1滴
・かたくり粉 小さじ1/3
吸口
 しょうが汁 小さじ1/3

作り方

■ 調理時間:40分
①鯛の切り身に塩・酒を振り、盛り付け用の皿に入れて約5分蒸す。
②しいたけは薄切り、たけのことにんじんはマッチ棒位の太さで
 2.5㎝長さ位の糸切りにする。みつばも同じ位の長さに切る。
③しいたけとたけのこを[A]、にんじんを[B]の煮汁で煮る。
④卵白を泡立てて塩少々を加え、③の煮汁を切って、みつばと共に
 さっくりと混ぜ合わせ、①の魚の上にのせ、再び約3分位蒸す。
⑤銀あんの材料を小鍋に合わせ、火にかけてとろみがつくまで
 加熱する。
⑥蒸しあがった④に銀あんをかけ、しょうが汁をかける。
※煮汁がやや少ないので電子レンジで加熱しても作ることができます。

鯛は良質なたんぱく質やうま味成分のイノシン酸を多く含んでいます。また、DHAやIPAなどのn-3系不飽和脂肪酸が含まれており、脳の健康を保つ働きがあるといわれています。にんじん、たけのこ、しいたけなどを加えると栄養バランスがさらによくなります。触感がやわらかいので子どもから高齢者まで食べやすい一品です。




PAGE TOP