加藤和子先生の素材力コラム

東京家政大学 加藤和子先生

プロフィール:  加藤和子先生

東京家政大学家政学部栄養学科管理栄養士専攻 卒業
現在は
東京家政大学家政学部栄養学科准教授
 担当科目:調理学・調理科学実験・調理学実習・食の文化 他
竹早教員保育士養成所非常勤講師
 担当科目:小児栄養

<研究テーマ>
おいしい食べ物は身も心も健康にし、おいしい食事が調った食卓は家族の笑顔につながると思い、食品をおいしくするための"おいしさの科学"をテーマに授業や研究を行っています。また、先人たちの知恵が詰まった文化を伝承するために、年中行事・通過儀礼を中心に伝統食・儀礼食について調査研究を行っています。

資格:管理栄養士、調理師、中学・高等学校教諭(家庭科・保健)
好きなもの:食べること・日本酒、興福寺にある山田寺の仏頭、式根島、温泉、うさぎのぬいぐるみやキャラクターなどうさぎに関するものなら何でも
  • 伝統的なおせち料理の “重詰め”の豆知識(2016/12/1)

    最近のおせち料理は、和・洋・中と様々な料理になり、 盛り付け方法も自由に盛り付けられるようになりました。 おせち料理の意味や由来とともに、本来の重詰めの決まり事 なども、子供たちに伝えていきたいものですね。 ゜*:..。…..

  • 鍋料理が食べたい季節になりました。(2016/11/1)

    鍋料理とは、鍋ごと食卓に出し、材料を煮ながら食べる料理です。 魚介類、肉類、野菜類を取り合わせるので、一つの鍋でいろいろな栄養素を摂取することができます。さらに、“しめ”としておじやや、うどんを入れることで、煮汁中に溶け…..

  • 刺身の由来(2016/10/3)

    刺身は、「刺す+身」と書きますが、考えてみると怖い料理名ですね。 古くは刺身は、「膾(なます)」と呼ばれていました。今では「なます」は、おせち料理に 使われる、大根とにんじんのせん切り甘酢漬けとなりますが、かつては生魚の…..

  • サバの旬は秋(2016/9/1)

    秋が旬の魚と言えば、さんまや鮭がよくあげられますが、サバも旬をむかえ、 “秋サバ”と呼ばれます。「秋サバは嫁に食わすな」とも言われるほど、脂が のっていておいしくなります。 ゜*:..。☆*゜¨゜・*:.。☆*゜¨゜♪゜…..

  • みりんの使い方 (2016/8/1)

    暑いとさっぱりと食べたい麺類のつゆや、煮物の煮汁など、 みりんは様々な料理に大活躍中だと思います。 ゜*:..。☆*゜¨゜・*:.。☆*゜¨゜♪゜・*:.。☆*゜¨゜゜・*:.。☆*゜¨゜゜・*:.。☆ みりんは、日本の…..